ホーム文章の書き方 ≫ キャッチコピーの書き方

キャッチコピーの書き方

「文章の書き方」に関する本を一冊も持っていない人は、インターネットビジネスをやっている人の中で、おそらくは一人もいないのではないでしょうか。

それくらい、ネットビジネスではライティングスキル(文章力)が必要になります。

そのため、風花心伝Rebirthでも、1章を「文章の書き方」に当てているのです。

風花心伝Rebirth

ただ、文章指南書で、必ず持っておくべき本が登場していますので、ご紹介します。

なぜ、持っておいてほしいか? そこがポイント。

実は、文を書くという行為には、2種類あるのです。

ワンクリックで、
パワー注入↓


文章には、以下の2種類があります。

1)本文(ボディコピー)

2)見出し(キャッチコピー)


多くの人は「文章=本文」だと思っていますが、実は、見出しが大事なのです。特にインターネットのように熟読sれにくいメディアの場合には、なおさら、キャッチコピーが、大切になります。


実際に、本文と見出しを書いてみるとわかるのですが、同じ頭でも、別の箇所を使っているのが自覚できるくらい、まるで違う作業なのです。

ですから、キャッチコピー(ヘッドライン)が上手に書けるようになるには、どうしても、キャッチコピーだけを専門的に学ぶ必要があります。

私も、コピーライターになりたての頃は、数えきれないほどのヘッドコピーを書かされたものです。

そして、指南書も、キャッチコピーに特化したものがあれば理想的だと言えます。

これまで、なかなかそういう本がなかったのですが、ついに登場しました。

これがその本⇒【送料無料】キャッチコピー力の基本 [ 川上徹也 ]

この本については、以下のページで、レビューしましたので、ぜひ、ご覧ください。

キャッチコピー力の基本

風花流儀

関連記事

コメント











管理者にだけ表示