ホーム風花水映 ≫ 風花水映の初回限定版が発売開始

風花水映の初回限定版が発売開始

本日「風花水映」が発売開始されました。

風花シリーズの第4弾で「かざはなすいえい」と読みます(汗)。

いろいろ事情がありまして、予定よりも1週間以上も早まってしまいました。
ASPさんサイドとしては一刻も早く審査を通してあげようというご配慮からだったんでしょうけれど、
私として、来年1月5日の発売を予定していたんです。
また、そのようにASPさんにはお願いしてあったんですが……
まあ、そこは臨機応変。善は急げということで、前に進んでしまいます。


風花水映って何?という人は、
まずは、こちらへ⇒風花水映 Webライティング・スピードマスター


バナーも、凄いことになりました(笑)↓
風花水映


今回は、コピーライティングはもちろん、
販売ページからバナーまで、全部、風花ひとりで作りました。


というわけで、4作目といいつつも、かなり新鮮な経験をしています。


さてさて、風花水映の内容ですが、
販売ページも、セールスレターという形にはしないで、
教材の内容を正直に、ご紹介しておりますので、
詳しくは、そちらをご覧ください。



まずは、風花水映っていう名前から、わかりませんよね。

その由来は、こちらのページで、
ご説明しています↓
風花水映のネーミングについて


要するに、Web文章の書き方マニュアル、Webライティング術講座です。


内容の話に、なかなか進みませんね(笑)。


風花がここで改めて申し上げることは、多くはないのです。


一言、それは、「文章の書き方か、ふ~ん」というふうに、
文章を侮ってほしくないということ。


言葉が変わると、自分が変わります。

文章の書き方が変えると、未来を変えることができるのです。


そして、風花水映をマスターされると、
あなたの読者さんを変えられると言っても過言ではありません。



ドラマの基本は「変化」です。

ご自分も、読者さんも、変わらないと面白くないじゃりませんか。



何しろ、風花らしからぬ、コンパクトな教材です。


たったの101ページしかありません。


「101匹わんちゃん」にあやかったわけではないのですが、
自分でも、よくぞ、ここまで短く編集できたものだと、
感心しているくらいです。


何しろ、下書きを含めて、1000ページ以上の原稿があったのですから。


半分ではなく、10分の1に、内容を凝縮しました。


ですから、ピリッと効きます。

早く、成果が出ます。

そして、オフラインの活動(ワークショップや懇親会)に、無料で参加できてしまいます。


それで、価格は、たったの千円です。


アフィリエイト報酬も70パーセントに設定させていただきましたので、
共感されるところが、もしありましたら、
ぜひ、ご紹介ください。


以上で、とりあえず、発売のごあいさつにかえさせていただきます。


次回は、具体的な話に入ってゆきますね。

風花流儀

関連記事

コメント











管理者にだけ表示