ホーム風花心伝 ≫ 黒百合の花

黒百合の花

風花心伝「正しいアフィリエイト入門講座
★あなたの応援クリックが活力源★
    ↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

風花心伝」の夏休みキャンペーンは、
8月15日まで開催しています。

8月15日といえば、終戦記念日ですね。

あなたは、第二次世界大戦に関する本を読んだり、
ドキュメンタリー映像などを見たことがありますか?


小学生の頃、
ガダルカナルの決戦のドキュメント映画を見せられて、
ショックを受けた記憶があります。

米兵が拡声器で、日本の若い女性たちに向かって、
「だいじょうぶ、何もしないから、
出ておいで」というような甘い言葉をはっしている。

では、日本女性たちは、どのような行動をとったかというと、
次々に崖から飛び降りて行ったんです。

確かに、カメラは、日本女性が崖から落下する様子を、
怖ろしいほどリアルにとらえておりました。

こういうことを思い出すたびに、
戦争など、絶対にするものではない、
という思いを新たにします。


あの名作「宮本武蔵」を書いた作家・吉川英治さんの講演集が、
文庫本で読めます。

これがその講演集⇒書斎雑感―講演集

この中に、「歴史と現代の女性」という名文があるんです。

ご存知のように、戦争中は、政府は、15~16歳の女の子まで、軍事徴用しました。

戦争も末期になると、日本本土への空襲も激しくなったんです。

吉川英治さんは、大石という人から聞いた話を書いています。

電話交換手をしていた若い女性たちの悲惨な最期、
その映像がまざまざと浮かぶ文章ですが、
その部分を引用してみましょう。

「さすがの私も、あれを見て本当に男泣きに泣きました。墨田の電話交換局の焼け跡へ見に行ったんたが、三十台の交換台の前に、徹夜で居残っていた徴用の女子交換手が全部やられていた。受話器を耳にあてたまま、椅子にチャンと腰をかけて真っ黒焦げになって並んでいた。(中略)
これを見た瞬間、その黒焦げの屍体がパッと黒百合の花のように見えました」と語った。
 私はこの話を聞いて、ああ、唯私一人だけが娘を失ったのではないと、いいいい奥多摩へ帰ったが、道々若い娘さんを見ると「黒百合の花のようだった」といった言葉を思い出し、いじらしい気がしてならなかった。


一年のうち、何度か、戦争のことについて考えることは有意義だと思います。

その度に私が感じるのは、毎日を大切にしなければということです。


学生さんたちは、学校が休みでしょうから、時間はかなりとれるはず。

ふだん読めない本に、じっくり取り組むのも良いかと思います。


あなたは、夏休みに、どんな本を読みますか?

風花心伝」に書かれている方法でブログを立ち上げ、
そこに、一味違う読書感想文を書いてみるのも、楽しいかもしれませんよ。


いつも応援ありがとうございます。
愛ある1クリックに感謝です。
↓↓↓
人気ブログランキング

風花流儀

関連記事

コメント

あきぞーです

ご訪問ありがとう御座います^^


ガキの頃に、はだしのゲンを読んでビビッた記憶があります。

2度と繰り返してはいけないですね!

ではまた来ます♪

応援!!

あきぞー@不労所得対策本部 | 2008.08.07 20:23 | URL


こんにちわ☆

僕も朝鮮のビデオ見たことあります(+_+)
戦争は残酷ですよね(>_<)
また遊びに来ます!
応援ポチッ(^_-)-☆

山ちゃん | 2008.08.07 18:20 | URL


こんにちは、始めまして!
【Goh】と申します。

風花心伝は今や有名優良商材ですので、私も興味を持ちまして、無料セミナーを受講させていただきました。マニュアルはまだ購入していませんので内容は判りませんが風花未来さんの姿勢は少し理解できたかと自分だけでそう思っています。

ありがとうございました。

現在他の商材で自分のシステム作りを進めています。
今後どこかで必要になってくるだろうという予感はあります。

よろしくお願いします。

内容に合わないコメントで申し訳ございません。
ランキング応援して帰ります。
失礼しました。

Goh | 2008.08.07 17:23 | URL












管理者にだけ表示