ホーム初心者向け講座 ≫ 楽天アフィリエイト対策で考えてほしいこと

楽天アフィリエイト対策で考えてほしいこと

楽天アフィリエイトについて、先日メルマガで語ったのですが、
反響が大きかったです。
でも、その一方で、同じような質問がきています。
要するに、私のブログもメルマガも読んでいないで、
質問を送ってくる人が多い(苦笑)。

最近、ヤフーメールが届きにくくなっておりますので、
迷惑メールフォルダを含めて、メールを確認してください。

それと、面倒がらずに、
この方法を実践してください↓
大切なメールを確実に受け取るための対策

というわけで、先日のメルマガで、
楽天アフィリエイトについて書いたことを、
ブログにも再掲載させていただきます。

愛ある1クリックに感謝です。
↓↓↓
人気ブログランキング


楽天アフィリエイトの具体的なリンクの貼り方について、
楽天さんの最近の動きで目立つこと。


現状では、芸能ブログを中心に、
画像リンクの貼り方を、
画像単独ではなく、
枠・価格・テキスト付きのものを「強く推奨」しているようです。


問題は、どのように対応すれば良いかですよね。


上のような警告が私のところに来たとしたら、
私は、枠・価格・テキスト付き画像リンクに変更したりはしません。

ブログのデザインイメージが壊れるのが嫌なのもありますが、
他の賢い対応策があるからです。

先日、スカイプ相談を受けた時には、
長く話しすぎて、正解を言うのも忘れましたので、
風花心伝ファイナルの追加特典となる、
「楽天アフィリエイトの規約変更で不安になるどころか、追い風に変えてしまう秘策集(仮題)」で、
具体的に、きっちりお話ししますね。



で、今回お伝えしたいのは、
アフィリエイトというか、
ブロガーとしての原点を見つめなおしてほしいということ。


風花心伝では、2008年からずっと主張していることがあります。


それは、読者を裏切ってはいけないということです。


楽天アフィリにくっつけて言いますと、
読者がリンクをクリックした時に、
「騙された」「チッ、やられた」と感じさせるようなリンクは、
絶対に貼ってはいけないということであります。


楽天さんは、業務を拡大しつづける中、
企業イメージを大事にし始めているのです。

ですから、楽天アフィリエイトをしてくれるのはありがたいけれども、
購入者および購入見込客に不快感をおぼえさせる、
アフィリエイターは排除したいと考えています。


楽天には毎日、無数の苦情が寄せられているとか。
その苦情の中には、ブログのリンクをクリックしたら、
楽天関連のページに跳んでしまった、
楽天は、人をだましてまで、商品を売りたいのか、
そういう類の苦情もあるとの噂を聞いたことがあります。

真実のところは定かではありませんが、
ここでアフィリエイターとして考えるべきことがあります。


楽天さんは、購入者および購入見込客と信頼関係を築きたいと思っている。
アフィリエイターは、読者との信頼関係を強化しなければいけないのです。


だから、楽天から警告が来たと言ってオロオロするのではなく、
自分は、読者を裏切っていないだろうか、
読者に不快な思いをさせていないだろうか、
そのことをまず考えるべきではないでしょうか。


読者を裏切るぐらいギリギリのことをしなければ稼げないのではなく、
読者との信頼関係を築けてこそ、稼げるようになるのです。
そのことを、確認しましょう。


今回のブログ狩りについては、楽天さんにも、
少し行きすぎなところもあるように感じます。
しかし、彼らのような大企業を責めても仕方ありません。


私たちブロガーは、これを良い機会だととらえて、
コンテンツとかリンクの貼り方を、
根本から見直してみるのも、有益かと思います。


読者が歓び、満足してくれるリンクの貼り方については、
このページの9番目の特典で詳しく述べておりますので、
ぜひ、ご熟読ください↓
風花心伝ファイナル特典

もちろん、楽天アフィリエイトに関する詳しい対策、
規約違反にならない、効果的なリンクの貼り方については、
ファイナル特典の中で、
しっかり語らせていただきますので、
もうしばらく、お待ちください。

風花心伝ファイナルバージョン

風花流儀

関連記事

コメント

風花さんこんばんは。
kyonchiiと申します。
先日はブログでのご紹介ありがとうございました。

最近楽天アフィリエイトのアカウント削除の話題がいろいろとあり、すこし心配しています。

一番大事なのは、読者さんに不快な思いをさせないこと、プロのブロガーとして、ちゃんと面白い記事を書き続けること、ですね。

もう一度すべてを見直してみようと思います。

応援します

kyonchii@アフィリエイトでチャンスの神様ゲット | 2010.12.08 00:02 | URL












管理者にだけ表示