ホーム文章の書き方 ≫ 女性のための文章作法

女性のための文章作法

絶版になった名著というものがあります。

この本も先ほどまで、ぱらぱらとめくって読んでいたんですが、
これも名著だと言えそうです。

女性のための文章作法

アマゾンのマーケットプレイスではまだ買えるみたいです。
できれば、手に入れておいてほしい書籍ですね。

というのは、国語というものを、書く人の立場から、
これほどまでに、丁寧に語られた例は、
「まったくない」と断言しても良いからです。

風花心伝を詳しく知りたい方はこちらをご購読ください(完全無料)。
風花心伝メール無料セミナー


著者は芥川賞受賞作家です。

小説家です。

書く現場にいる人が書ける、およそ限界まで、細密に、
日本語が語られています。

谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章読本も読みましたが、
小谷さんの「女性のための文章作法」ほど細かく日本語の使い方については書かれておりません。

長い間、同人誌を主宰されていましたから、文章指導が一般人向けになっているんですね。
文豪のそれとは、指導スタイルが根本的に違うわけです。

対象は、素人の女性たちであります。

女性のための文章作法を読みますと、
一応、文章で長い間、生計を立ててきた私なんかでも、
正確な読み方を知らない漢字が本書の中にあったりするわけです。

え?この漢字、違う(間違った)読み方を長い間してきたことに気づき、
独りで赤面したりもしてしまいます。

何だかそういうことは、ここまで言葉が軽視された現代にあっては、
秘め事めいた隠微な世界になってくるわけで、
読み進むうちに、丹精込めてつくられた玩具を撫でて、
その手触りを楽しんでいるような錯覚に陥ってしまうのでした。

セミナーで、こうした言葉についての隠微な話ができたら、と思うのですが、
はたして、どれくらいの人が集まってくれるでしょうか。

文章についてのメルマガをやろうと密かに準備を進めているんですが、
この女性のための文章作法が、たいへん役立ちそうな気がしてきました。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事

コメント

風花未来さま。

はじめまして。
パパママアフィリエイターのノアと申します。

風花未来さんと同職のコピーライターをしております。
(元々はアフィリエイトがきかっけです。)

私は男性なのですが、
文字・文章関連の記事となると、つい反応してしまいます。^^;

「文豪のそれとは、指導スタイルが根本的に違う」というところに妙に惹かれてしまいました。

「一般女性を対象」ときっちりターゲットが決められてしまっていますが、男性である自分に、為になる・ならないは別として、読んでみたいという興味を感じてしまいました。

記事参考にさせていただきました。
(応援ぽち)

ノア

ノア(沓澤くつざわ) | 2010.09.30 11:43 | URL


風花未来さん、
こんにちは。
ひさ~、です。

タイトルから判断して、
非常に興味があるんですが、
アマゾンに内容が書いてなくて残念。

日本語は深いですよね。

私はこんな、口語で書いてしまいますが、
やはり「美しい言葉」というのは大事だと思いますし、
自分も身に着けたいと思っています。

またステキな書籍など紹介してください。


応援ポチです。

専業アフィリエイター・ひさ~ | 2010.09.27 15:40 | URL












管理者にだけ表示