ホーム初心者向け講座 ≫ 電子書籍元年 レビュー

電子書籍元年 レビュー

このiPadの出現によって、

「電子出版」の業界は激変すると言われています。

そこで、次の書籍を読んでみました。

電子書籍元年」です。

読み進むうちに……

いつも応援ありがとうございます。
愛ある1クリックに感謝です。
↓↓↓
人気ブログランキング


この本、けっこう難しいです。

電子書籍元年とはいうものの、
業界には問題が山積みで、ことはスッキリとは進みそうもありません。

難しいという意味は、専門的でわかりにくいのと、
では、これから電子書籍を出版したいと思っている人は、
何をやりはじめるべきかが見えにくいのです。

まあ、私がこの本を読んでいて、気分が滅入った原因は他にあるんです。

読む側から言ったら、
本当に面白ければ、
一般書籍だろうが、電子書籍だろうが、
買って読むでしょう。

一番の問題は、その「面白いコンテンツ」が、
現在はほとんど見つからないことだと思うのです。

電子出版に切り替わっても、切り替わらなくても、
読みたい本がなければ、始まらないじゃないですか。

本は好きなので、書店ですごす時間は短くはありませんが、
ほとんどワクワク感はなく、仕事の必要上、買うことのほうが多いのですね。


では、読む側ではなく、書く側、出す側はどうか?

これも、質が第一だと思います。

質に自信があるのでしたら、
電子出版の方が良いに決まっています。

一般書籍を出版している業界は、
もっともっと全体に縮小されて、
量よりも、質に移行してほしいと思います。

というか、これからは、個人がどんどん自力で情報を発信してゆく時代なので、
出版社が不当な利益を得る心配がない、
電子出版は時代のニーズに合った形態だと思います。


問題は、やはり、コンテンツです。
コンテンツの差別化・独自化に成功すれば、
電子出版は部分でかまわないので、
インターネットを使って、さまざまなビジネスが可能となります。

そのあたりも、私は今後、提案してゆきたいと思っています。

で、「電子書籍元年」ですが、
ノウハウ書ではないので、電子書籍周辺の知識を広げるための読み物として読んだ方が賢明です。

この本には、軸というか、テーマが立っていません。
ランダムな記事の集まりだと思って読み、結論とは明確な提言とかは期待しない方が良いでしょう。

ともあれ、電子出版にまつわる話は豊富ですので、興味のある方は、どうぞ。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事

コメント

こんにちは。younosukeです。

わたしのブログに訪問&コメントありがとうございます。

ワクワク感がない本は最初から読み手のテンションが上がらないですよね。

わたしも本は好きなのですが、「あっこれいいなぁ~」って思わない本は購入しないようにしてるんです。

これはブログでもおんなじことが言えると思うんです。

お客様が「いいなぁ~」って思わないブログコンテンツだと購入してもらえないのでは?って思っているので、お客様に好印象を与えれるようなブログの構築を目指しております。

またご指導宜しくお願いします。

それではまた。

応援ポチポチぱっきゅ~ん!

younosuke | 2010.08.06 11:38 | URL[ 編集 ]


iPad発売後やはり

電子書籍が注目あびてるので

今後はどんどん発展していきそうですね^^

応援ぽちっ!

アフィリエイトの使えるネタ満載ブログあり@アフィリ息子 | 2010.08.05 22:56 | URL[ 編集 ]












管理者にだけ表示