ホームオススメの本 ≫ 人生は手帳で変わる レビュー

人生は手帳で変わる レビュー


最近、自己啓発の本が売れている理由がようやく理解できました。

それは、学校や社会が教えてくれないことでどうしても学ばなければならないことがあり、
そういうことを教えているのが、いわゆる自己啓発本なのですね。


というのは、現代では、企業や国に頼っていては、とても生きてゆけないことに、
多くの人たちが気づいており、それには、自分を高め、勉強するしかないというわけで、
自己啓発、あるいは、自己教育モノの本が売れているのです。

フランクリン・プランナーのオススメ書籍『人生は手帳で変わる3週間実践ワークブック』は、お説教めいた教育書ではありません。

あくまで実用性を重視した、読むというよりも、使う本なのです。

122ページに「安心領域からの脱出のススメ」という章があり、
なかなか興味深い内容となっています。

人が理想を実現するためには、「安心領域」から出なければいけないと著者は主張するのです。

ところが、この「安心領域」から脱出するのが容易ではありません。

それを妨げるパターンは以下の3つだと言います。

1)周囲から受ける目に見えない圧力

2)自らが作ってしまう高い壁

3)変化に対する恐れ

う~ん、確かにそうかもしれませんね。

成功するためには、必ず自分で危険をおかさないと始まらないでしょう。

リスクなしの成功などありません。

この本は、単なる時間管理の方法を教えるノウハウ本を超えた、人生の指南書と言えそうです。

風花未来ブログ塾 塾生募集中

風花流儀

関連記事

コメント











管理者にだけ表示