ホーム初心者向け講座 ≫ キーワードの選び方(SEO対策)を教えてください。

キーワードの選び方(SEO対策)を教えてください。

最近、私のところにアクセスを集められるキーワードを、
教えてほしいというメールが来るようになりました。

今までは、そういう質問は届かなかったんですが、
ちょっと理由はわかりません。

ここで気をつけるべきことがあります。

風花乱舞のキャンペーンが好評です。



アクセスを集めるためのキーワードでもいろいろあるということです。

1)旬なキーワードは短期的にアクセスは来ますが、
長続きしません。

2)ビッグキーワードといわれる、
常に高い需要のある(検索件数が多い)キーワードもあります。
しかし、これは競争率が高すぎます。

では、どのようなキーワードを狙えばいいのでしょうか?

3)ニッチキーワードと呼ばれる、
そこそこの検索数があるにもかかわらず、
ライバルが少ない(そのキーワードを狙ってサイトを作っている人)、
またはライバルが弱いキーワードに絞れば良いのでしょうか?
ニッチキーワードとは?

またここでこんな声が聞こえてきそうです。

ニッチキーワードなど、私たち初心者には見つけられるはずがない…。


私からの回答です。
1~3の全部をやってください。

1~3全部を試みて、経過と結果をご自分で検証しなければ、
得るものはほとんどないのです。


キーワードに振り回される必要はありませんが、
キーワードに対する感覚は磨いておいて損はないのです。

では、キーワードの選定の具体的な方法ですよね。

私独自のキーワードの狙い方はあるのですが、
それは文章化が難しいんですね。
文章にすると凄く長くなってしまう。
そのために、セミナーなどで、語ってゆきたいと思っています。


一言だけいいますと、
あなたがご自分のブログで何をしたいか、
そのことによってキーワードの狙い方は変わるのです。



しかし、アクセスアップとかSEO対策とか言いますが、
キーワードよりも、もっと大事なことがあるんですね。


風花式ブログアフィリエイトの最大の特長は、
膨大なアクセスを集めることにあります。


長いこと風花式を実践している方は、
風花心伝や風花乱舞には、キーワードを狙ったり、
SEO対策についてうるさく書かれていないのに、
検索エンジンからのアクセスが非常に多いことに気づいているはずです。


どうして、風花式は検索エンジンにも強いのか?


それは、コンテンツの質が良いからです。



記事数が多いだけでなく、管理人さんオリジナルの記事をコツコツと書いている、
そのことが大切なんです。

いくらキーワードを狙い、運良く検索エンジンの上位に表示されても、
コンテンツが薄ければ、特にブログの場合は、
すぐに落下してしまうケースが多いのです。

中身のない記事で、広告をクリックさせることに必死なブログは、
上位表示どころか、検索エンジンから消されかねません。


記事を書く場合、手抜きをして、ラクをしようとするのではなく、
ご自分なりに工夫をする楽しみを味わっていただきたいと思います。

初心者の方は、500字程度から始めてください。

私も元々は文章を書くことは苦手であり、嫌いでした。
しかし、今では、これがないと逆に苦痛なぐらいです。


キーワードを狙って上位表示を目指すことも良いでしょう。

しかし、それと同時に、
いえ、それ以前の問題として、コンテンツの充実を目指すべきです。


良質なコンテンツを育ててゆくこと、
これが究極のSEO対策であることを忘れないでください。

風花流儀

関連記事

コメント











管理者にだけ表示