ホーム初心者向け講座 ≫ ブログとアフィリエイトの現状を理解しましょう。

ブログとアフィリエイトの現状を理解しましょう。

風花未来セミナー開催まで、
あと15日
「あなたの"自分パワー"を開花させる、ブログビジネス成功法」

さて、私の専門はブログなんですが、なかなかブログの現状についての把握が難しい。
というのは、各ブログサービスが出している数字は、当てにならないし、
特定のブログサービスを推奨しているのは、そのサービス会社の犬だったり、
自分への利益誘導のためだったりするわけで、
これは余計に信頼できません。

私は以前、総務省に直接電話して、データを欲しいと要求したことがあります。


総務省に電話したんですが、古い数字しかなく、今後新しいデータを発表するメドが立ってないと言われ、
う~ん、と唸った記憶があります。

一番新しいデータで信頼できそうなのデータは、
「総務省情報通信政策研究所」が出したコレです。

ブログの実態に関する調査研究の結果

いろいろ考えさせられる点はありますが、
私が注目しているのは2点です。

1点目は、現在どれくらいの人がブログを運営しているんだろうか。

2点目は、ブログを運営しているのは、どんな目的のためか。


現状、300万人(月に1回は更新している人が対象)が、ブログを運営していて、
2006年までは増え続けたけれど、現在は横ばい状態だということ。


そして、ブログを開設した動機は?

①自己表現(30.9%)
②コミュニティの形成(25.7%)
③社会貢献(8.4%)
④収益目的(10.1%)
⑤アーカイブ型利用(25.0%)


「アーカイブ型利用」というのは、
自己の情報を整理・蓄積することを重視し、趣味関係のテーマのブログの割合が高いとのこと。


このデータは参考になりますね。
アフィリエイトを含む収益目的は1割に過ぎないそうです。

私たちアフィリエイトに関わる人は意外と少ない。

しかし、一方では、自己表現とアーカイブを合わせると50%を超えるという現状があります。

つまり、日記系・趣味系が、ブログの半分を占めると言えるわけです。

何が言いたいかというと、日記系ブログや趣味系ブログを始めたいというのは、
ごく自然な欲求だということ。

私としては、その自然な欲求を、つまり好きなことを書いてみたい、という表現欲を、
伸ばしていただきたいと切に願うのです。

もちろん、収益を上げる方法もお伝えしますが、
それを抜きにして、好きなことを書いて、多くの人に共感を得られる文章を書いてみましょう、
と提言したいのです。
その基礎の上に、収益を積み上げるべきです。

そうしないと、読者との健全な対話ができなくなります。

好きなことを好きなようにただ書くのではなく、
好きなことをどのように書くと読者に歓ばれるかを意識してください。

言い換えると、自分の「好きなこと」と、読者を「楽しませる」、読者の「役に立つ」ことを、
同時に語るのが、良質なブログ記事の基本となります。

これは私の「風花心伝」の基調低音のようなものです。

また次の機会には「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2009年」について、
触れてみたいと思います。

風花流儀

関連記事