ホーム風花心伝 ≫ 自分の書いた記事を最初に見る読者とは?

自分の書いた記事を最初に見る読者とは?

最近、またご質問メールが増えています。

あの商材が気になっているんだけど、どうでしょうか?

そういう質問をいただくたびに、立場上、その教材を買わなければいけないこともあるわけですね。

けっこう出費が馬鹿になりません^^

ただ私の基本姿勢として、どのような教材でも、
学び取ってしまう、というのがあるので、別に苦痛ではないのですが…。

今日は、このご質問にお答えします。

文章を書くのが苦手なんですが、風花心伝は無理でしょうか?

風花心伝の新キャンペーンを実施中!


マニュアルというのは、実践する人を成長させなければ意味がないんですね。

文章が苦手な人に、文章力を養っていただく手助けをするのが教材の役目です。

では、文章が書けない人でも1日で書けてしまう超簡単なマニュアルがあるとしたら、
どうでしょうか?

誰でも、すぐに書けるような記事を、読みたいと思いますか?


こう考えてください。

ブログは記事が命です。

ところが、その記事が、商品を売ることに必死というか、
広告をクリックさせることしか考えていないような文章だったとしら、
あなたは読むどころか、すぐにそのサイトを閉じてしまうに違いありません。

それか、作業を簡略化するために、ギリギリまで手抜きしている記事があっても、
あなたは読みたくないでしょう。


あなたの書いた記事の一番乗りの読者はあなた自身なのです。

だとしたら、あなたが読んで、こういう面白い記事なら、
また読んでみたい、と感じる文章を書くべきです。

そうしないと、リピート客というか、ファンは増えてゆきません。

だから、文章が苦手だったら、書けるようになりましょう。

なぜこういうことを私が言うかというと、
文章を何十年も書いたことがなかった中年の方とか、
高校に進学せず、読書の習慣もない少女とか、
文章に縁の薄い人でも、
ブログの文章は必ず書けるようになると、
サポートを通じて実感しているからです。


教材を実践することで、自分が成長できなければ、
面白くないじゃありませんか。

だから、文章の初心者の方、
文章を書くのが苦手な方ほど、
風花シリーズをオススメしたいのです。

風花流儀

関連記事