ホーム初心者向け講座 ≫ 勝ち負けを超える価値の存在

勝ち負けを超える価値の存在

風花未来セミナー第2弾が、ついに決定↓
「あなたの"自分パワー"を開花させる、ブログビジネス成功法」

より初心者の方に優しい内容になっています。
3月1日まで特別先行価格にてご招待中です。


さて、連日、テレビ放送をにぎわせているバンクーバー五輪。

特に人気の高い女子カーリングでしたが、
ついに準決勝進出はなりませんでしたね。

奇跡的なショットを繰り出し、逆転勝利を得ながらも、
波に乗り切れませんでした。

勝利の女神の気まぐれなのか、それとも…。

風花心伝」の今日の順位は?


カーリング女子。
3勝2敗となった時は、
これは行けるのでは、と期待したんですが、
それからの失速ぶりは、ちょっとショックでした。


みんな良いオーラを出しているし、
突っ走るような爆発力があるのではないかと、
正直、マジで期待をふくらませました。


しかし、勝負の世界は本当に厳しいですね。

人生、勝つか負けるかだ、と言ったのは、
喜劇王・チャップリンです。


この言葉は深いと思います。

私には、チャップリンは、
人生という試合では、絶対に勝ちなさいとは言っていないように感じられるのです。


誰でも、人生には大きな期待を抱きます。
人と逢えば、その人を精一杯愛したいと思うし、
その人が存分に自分の才能を伸ばしてくれるのではと希望します。
良い人と交われば、自分も大きく成長するだろうと心底嬉しい気持ちに…。


勝負に立ち向かう時は、
誰だって、最初から負けようなどとは思いません。

参加する以上は、勝つことをイメージし、
夢の実現に向かって熱い血を燃やすのです。


しかし、栄光を手にする者はほんの一握りの人に過ぎません。

カーリング女子も本気でベスト4を目指していたし、
私たちもメダルを心から期待したのです。

しかし、夢はかないませんでした。


勝利に挑んでも、負けることの方が多いのが、
人生の現実かもしれません。

逆に、最初から勝利を約束された試合など、
人生には一つもありはしない、いや、あってはならない。

というか、リスクのない闘いなど、
何の魅力もないから、参加しても意味はありません。



何が言いたいかというと、
勝負に負けても、すべてを失うわけではないということです。

夢を抱き、勝利を渇望し、
全力を尽くすこと、そのことに意味があるのだと思います。


たとえ負けたとしても、
そこにあるのは絶望ではなく、
明日への希望であるはずです。


そのためには、日々一瞬いっしゅんを大切に、
命の炎を静かに燃やしている必要があるのだと、
冬季五輪を見ていて深く感じ入りました。



人生という試合の勝ち負けなど、
単なる結果でしかありません。


大事なのは、希望すること。

これからも私は、絶望することなく、
未来への希望の火をともし続けてゆきたいと思います。



いつも応援ありがとうございます。
愛ある1クリックに感謝です。
↓↓↓
人気ブログランキング

風花流儀

関連記事

コメント

.

こんにちは。

以前に読んだニュースの記事に、
こんなことが書かれていたのを思い出しました。

これからの世界で、一番確実に生き残っていけるタイプの人は、頭が良くて点数がいい人でも、体力がある人でも、腕力がある人でもないそうです。

思いやりが合って、人と協調して、助け合っていける人が、一番生き残っていけるそうです。

関係ないかもしれませんが、勝ち負けを超えたところに価値を見出す、というお話に、書いてみたくなりました。

ニャゴママ | 2010.02.25 06:08 | URL












管理者にだけ表示