ホーム風花瑠璃 ≫ 「だいじょうぶ。の本」の感想

「だいじょうぶ。の本」の感想

★あなたの応援クリックが活力源★
    ↓↓↓↓↓
ブログアフィリエイトランキング


さて、最近、
少し本が読めるようになってきました。

友人からすすめられた本とか、
ネットで偶然に見つけた本とかを読んでいるんですが、
これがなかなか新鮮で……。

瑠璃ブログでは、
今日、こんな本を、
ご紹介↓
だいじょうぶ。の本

風花心伝」の今日の順位は?


これがその本⇒だいじょうぶ。の本

五行詩と写真との絶妙なるアンサンブル。

私はもともと詩と写真が大好きなんですが、
自分の中で眠っていたものが、
「だいじょうぶ。の本」で目覚めたような気がします。


人が変わるとか、成長するとか、
自分の役割を見つけるとか、
運命的な気づきを得るには、
「遺伝子をオンにすることが必要」らしいのです。

これも友人から聴いた話なんですが…。

これを私流の言葉に置き換えるならば、
「運命的な気づきを得るには、自分の中に眠っている良質な遺伝子を、
呼び覚まさなければいけない」となります。


また、「神の飛び火」という言葉がありますが、
純粋で崇高な芸術に接した時に、
その作品が持つ神の部分を魂で感じ取れば、
それが、自分の魂に火をつけてくれる、
そういうことは、実際にあるのだと思います。

そのためには、もちろん、ふだんから、
魂の純度を高く保っておかなければならないことは、
言うまでもないでしょう。

「だいじょうぶ。の本」の歌人も、写真家も、
私は知りませんでした。

しかし、本を開いていると、
魂が清められてゆくような感じを受けるのです。

そして、自分の心の奥底に眠っている大切な何かが、
動き出すのが、はっきりとわかりました。


話をブログに移しましょう。

ブログは、写真と言葉に強いメディアなので、
写真と詩のコラボレーションという世界は、
構築しやすいと思います。

先日から繰り返し語っている日記ブログ、
「だいじょうぶ。の本」的な世界は、
大いに参考になるのではないでしょうか。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事