ホーム初心者向け講座 ≫ 究極のSEO対策とは?

究極のSEO対策とは?


SEO対策とは、ご存知のとおり、検索エンジンの上位にいかに自分のサイトを表示させるか、
その工夫のことです。

しかし、SEO対策の本当の意味を知っている人は、ほとんどいません。

それは、なぜか?

SEOで商売をしている人たちが嘘情報というか、自分たちのビジネスに都合の良い情報をばらまき、
多くの人たちが、それらに振り回されているからです。

検索エンジンの上位に表示されるサイト、
その決め手は、被リンクだと言われています。

つまり、どのようなサイトに、どれだけリンクされているかで、
そのサイトの検索エンジン的評価は決定される。

このことに間違いはありません。

しかし、その後がいけないんです。

メインのサイトをつくり、それから、無数のサテライトサイトをつくってメインサイトに向けてリンクを貼る、というんです。

ここで大きな問題が生まれます。

メインサイトの検索エンジン的評価を上げるために、自作自演で、サテライトサイトを作ってゆくんですが、多くの人たちは、この作業中で挫折します。

なぜなら、面白くないからです。

創造的な要素はないし、単調きわまりない作業に、おしんのように耐えなければなりません。

どうして、自作自演でサイトを作成することが、辛いのか?

それは自然な行為ではないからです。
どこか後ろめたさもともなうし、
自分自身が喜べない作業なんですね。

その作業も耐えながらやり続ければ、
メインサイトはいつか上位表示されるだろう、
そう信じようとしても、どうにも続かないんです。
続かないほうが普通だと思います。

皮肉なことに、サイトの作り方とか、
htmlなどは、こうしたサイトアフィリエイトの手法が、
一番身に付くんです。
それに、ネットの仕組みなども、
よく理解できるようになります。
ですから、挫折したとしても、無駄ではないんですね。


ここで重要なキーワードが浮かび上がりました。

それは「自然」という言葉です。

ちょっと待ってくださいよ。

検索エンジンが最も好むのは、ナチュラルリンクと言われる良質リンクですよね。

そのサイトが価値があると感じた人たちがリンクを貼ってゆくことで、
「自然」に増えてゆくリンクのことです。

ナチュラルリンクは、自作自演ではありません。
自分のサイトを他者が認めてくれることで増えてゆく、
ごく自然な流れの中で与えられるご褒美なのであります。

何が言いたいかというと、
もう何も悩まずに、ナチュラルリンクを増やすことだけ考えれば良いのです。

それには何をしたら良いのか?

ご自分のサイトを魅力的なものにすることです。

魅力あるブログを育てれば、自然と被リンクは増えてゆきます。

実は、風花心伝と風花乱舞は、
そうした読者に認められ、愛されるブログの作り方、育て方を詳細に語っているのです。

そもそも、インターネットが生まれたのは、
情報を平等に分かち合うためでした。

それなのに、無数のドメインを購入し、
無理やり被リンクを増やし、
検索エンジンの上位に表示させようとすることは、
インターネットの根本思想に反する、一種のスパム(迷惑行為)なのです。

自作自演的な無意味なサイトを乱立させるために、
ブログとかを私は始めたのではありません。

もっと楽しいこと、もっと確かな充実感を味わうために、
忙しい時間をさいて、ブログとかインターネットとかをしているんです。

きっと、最初は、あなたもそうだったはずです。
しかし、いろんな情報が多すぎて、真実が見えなくなってしまったのだと想います。

私は何もキレイごとを言うつもりはありません。
ビジネスは競争だから、
検索エンジンの上位表示も、
お金をかけ、労力をかけた人間が勝ち取るのだという意見もあるでしょう。

しかし、自作自演サイトの作成にかける時間を、
メインサイトの中身の充実に振り向けた方が、
ずっと楽しいし、面白いとは思いませんか?

私はネットビジネスの常識とは反対のことを言っているのかもしれません。

でも、冷静になれば、私の主張の方が正常だし、自然だということに気づくはずです。

SEOで儲けようと考えている人間の声に振り回されないことです。

そういう方法論があることを私も熟知していますが、
私は試しはするけれど、本気では実践しません。

理由は一つ。
面白くないし、ワクワクしないから。

不自然な行為は疲れるし、ストレスに弱い私としては、
早い段階で、撤退します。


難しく考えないことです。

ブログのコンテンツを充実させること。

何よりも、それを第一に考え、
自分自身が喜ぶことを続ければよいのです。

もう、おわかりですよね。

そうした自然な行為の繰り返しが、
究極のSEO対策と言えるのです。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事