ホーム文章の書き方 ≫ ブログ文体論 神業的な語尾変化のさせ方

ブログ文体論 神業的な語尾変化のさせ方

風花乱舞について詳しく知りたい方はこの無料メールセミナーをどうぞ。
メールストーリー「風花乱舞」誕生秘話~未来へ~

風花心伝」でも語っておりますが、ブログの文章も、基本的には「です・ます調」と「だ・である調」を統一すべきです。

そうしないと、文章がガタガタになって、非常に読みづらくなるんです。

しかし、意図的に語尾を統一させないで、独自の文章のリズムや流れを作ると、
たいへん心地よい個性的な文体ができあがることがあります。

風花心伝」では、そういうことは神業というか、ふつうの人にはできないので、初心者のうちはやるべきではないと語りました。

でも、あえて今回は、その神業的な語尾変化を使ったお手本を読み解くことにします。

ブログアフィリエイトの最新情報はブログランキングを見てみよう!


これから紹介するのは、土屋耕一という有名コピーライターが書いたコピーです。

では、さっそくご紹介。

なぜ年齢をきくの

なにも女性だけではなく。
男だって、年齢をきかれるのは、
あまり気持ちのいいものじゃないんだ。
女の、そして男の、生きていく姿、
それを年齢というハカリにのせて
見たがる習慣に、抗議したいと思う。
いま、装いにも、住まいにも、
すべて暮らしの中から、もう年齢という
枠がなくなりつつあるのですね。
その自由な空気が、秋の、伊勢丹を
やさしくつつんでしまいました。


1975年の伊勢丹の広告なんですが、
今読んでも、それほど古く感じません。

それと語尾に注目してください。
「です・ます調」と「だ・である調」が、まぜこぜになっています。

これを、試しに「です・ます調」か「だ・である調」のどちからで、文の結びを統一してみてください。

上の文章のような生き生きとした感じ、雰囲気が薄れてしまうことに気づくはずです。

それに、文の流れやリズムも、この混ぜこぜ文体の方が心地いいんですね。

何が言いたいかというと、
あなたの書く文章が、会社が管理するホームページの説明文ならば、
文体は統一すべきです。
公式文書とはそういうものですから。

しかし、ブログは多くの場合、個人のメディアです。
個人はもっと自由であって良いと思うのです。

ただ、文体を自分の色に染めるのは、基礎を学んでからにしてください。

そうしないと、マジでガタガタになってしまいますからね。

それと、一流の書き手は、ここまで言葉というものにこだわり、
言葉の持つリズム、色合い、雰囲気、フォルムにまで、
神経を巡らせていることを、知っておいてほしいのです。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事

コメント

参考になります

風花未来さん、こんにちは。
アリです。

この記事、参考になりますね。
語尾変化で文章が生き生きとした感じになるなんて、
気づきませんでした。
新たな気づきありがとうございます。

応援していきますね^^

アリ | 2009.08.20 14:05 | URL


こんにちは、 にゃ~こです^^

ほんとですね~!
「~じゃないんだ。」
「講義したい~。」
という強い感じが、
次の文章からで、すっかり変わっています。
ビックリです。

たぶん、自分では発見できなかったです^^;

こんな文章を書くには、私はまだまだ・・・って感じです。

お勉強になりました。

応援ポチっとしていきます^^

コンビニバイトと家事・育児 | 2009.08.19 17:11 | URL[ 編集 ]


いつも勉強になります

土屋耕一さんのコピー、
前半部分を男性的な主張で
言い切り、

後半部分は、
伊勢丹という
老舗のイメージを壊さぬように
女性的に優しく包み込んでいる気がしました。

>言葉の持つリズム、
>色合い、雰囲気、フォルム

ひとつひとつが、
「コラム」「記事」
という名の一枚の絵を
形作っている気がしますね。

風花ブログを学んでから、
私も気を遣うようになりました。

感謝の気持ちを込めて
応援ポチ♪

さくらピンク | 2009.08.18 12:42 | URL[ 編集 ]












管理者にだけ表示