ホーム文章の書き方 ≫ ブログは文学である?

ブログは文学である?

●風花心伝を詳しく知りたい方はこちらをご購読ください(完全無料)。
風花心伝メール無料セミナー

ブログは文化である、とは風花未来の風花心伝ブログの一貫した主張です。

しかし、ブログは文学である、という視点から書かれた本を発見して、
ちょっとビックリです。

風花心伝」の今日の順位は?


そのちょっと驚きの本はコレ⇒「書ける人」になるブログ文章教室

著者は山川健一さん。本業は小説家。

では、なぜ小説家がブログの本を書いているの?という疑問がわいてきますが、
実はアメーバブックスで編集長を務めているとのこと。

アメーバブックスからは、「実録鬼嫁日記」など、ブログ発の多数の書籍が出版されていることは有名ですよね。

山川さんは、いわゆる「人気ブログの書籍化」の仕掛け人です。

しかし、彼が小説家である点がたいへん興味深いんです。

編集者だとか、広告のディレクターとかが仕掛けたりしても、そそられないんですが、
小説家が、どのようにブログを語り、ブログの文章を指南するのかには、
惹かれるものがあり、読み始めた次第です。

さて、「書ける人」になるブログ文章教室の具体的な内容ですが、
文章の書き方について、詳細な説明とかはありません。

ただ、「言葉」とか「自己表現」とかについては、徹底的に語られており、
ふだんブログを書いていて、いろいろと悩んでいる人には、
かなり参考になることが書かれています。

著者は「とことん好きになれるものを探せ」と書いていますが、
この考え方は、私の書いた「風花心伝」と同じです。

また、山川さんは、言葉の力を信じている、というか強く信じたいと希求している点に、私は深く共鳴しました。

ブログの文章を文学の観点から捉えた書籍は、初めて読みました。

小説とか文学が好きで、ブログを書いてゆこうと思っている人は、
読んでみると得ることは多いと思います。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事

コメント











管理者にだけ表示