ホーム初心者向け講座 ≫ 電子出版の未来は?

電子出版の未来は?

風花未来の第3弾「私の未来予想図の描き方」、
その未来予想図はコチラ

先日発売されたムック本に、
風花乱舞と風花心伝が紹介されました。

ズバッとわかるブログでアクセスを集めお金を稼ぐ

二日ほど前に届いたんですが、
やっぱりアフィリエイトというと、
こういうサブカルチャーテイストになってしまうのかと、
何だか複雑な気持ちになってしまいました。

今回は、情報起業情報商材の今後について、
想ったことを語ってみます。

風花心伝」の今日の順位は?


こういう業界ネタを本にまとめたものは、
今までなかったのではないでしょうか。

しかし、何だか斬新な感じはしませんね。
私が末席ながら、業界の中にいるせいでしょうか。

編集者さんも電話で語っておられましたが、
この本に出ている人は、ほとんどの方が2006年組だそうです。

私がデビューしたのが2008年の7月ですから、かなりの後発組みとなります。

客観的にみると、先行メリットを享受した人たちが、
いまだに頑張っていて、それ以降はほとんど出ていないことになります。

まあ、これは全体の傾向なんですが…。例外もあるかと思います。


デビューして1年たっていないのですが、
この業界は激変しているとか言われますが、
それほど変わってはいませんね。

もっと怖ろしいくらいの変化がくるかと思ったんですが、
ここに来て、足踏みをしている気さえします。

私が思うには、ブログとかは個人のメディアだから面白いんですね。

情報起業も、個人の味が出るからワクワク感がある。

それが、中途半端に企業化すると、何だかトーンダウンしてしまいます。

大手企業のCMには、それでは勝てないんですよね。

この本を見て感じるのは、

ズバッとわかるブログでアクセスを集めお金を稼ぐ

良い意味でもなく、悪い意味でもなく、
ちょっと、もう古いかなぁということ。

ひょっとして、ネットビジネスの可能性は凄く大きいと思っていたのは幻想であって、
もう縮小されるべき傾向になるのかもしれない、などと弱気にもなってきます…。

一般の人たちの感性は意外と健全であって、
そういう人たちに完全に認知されるには、
まだ、今の情報商材や情報商材アフィリエイトの世界には、
何かが欠けている気がします。

私として、企業化してノッペラボウになるよりは、
個人の味が出ている情報商材に魅力を感じますね。

情報商材とか、アフィリエイトの将来は、
私にも予測できませんが、
ポンと、もっと明るい世界に出られないものかと、
感じる今日この頃です。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事

コメント

こん!遥斗パパです

本に紹介なんて流石です

ブログアフィリは誰でも
ビックチャンスがあり

長く楽しめるものだと思いますね

情報発信の場としては
最高ですね

ではm(__)m

遥斗パパ | 2009.04.06 11:14 | URL


おはようございます
風花心伝の1ユーザーです
私もこの本読みましたがご指摘どおりだと思います
新鮮な切り口模索してみたいと思います

groovymidori | 2009.04.06 09:36 | URL












管理者にだけ表示