ホームテレビドラマ・映画・エンタメ ≫ 元ちとせ「千の夜と千の昼」について

元ちとせ「千の夜と千の昼」について

元ちとせ「ノマド・ソウル」の中のお気に入りの曲、
千の夜と千の昼」を繰り返し聞いています。

ノマド・ソウル (SACD-Hybrid) (通常盤)
元ちとせ
ERJ (2003-09-03)
売り上げランキング: 44401


この曲の詩の前半は少し理解しにくいんですが、
後半からラストは、映像が広がり、楽曲の中から光があふれ、風が吹いてくるような感じがします。

風花心伝」の今日の順位は?


しかし、この「千の夜と千の昼」ほど、鮮やかに映像が浮かぶ歌は、なかなかないですね。
千の夜と千の昼

銀色の傘を右手にかざした人が奇跡的に舞い上がり、
やがて銀河を渡ってゆくという幻想的なイメージです。

これは昇天ですね。

ガルシア・マルケスの「百年の孤独」でも、女性が突然、昇天する様が描かれています。⇒百年の孤独

真っ白がシーツが風にハタハタとはためいたかと思うと、ふっと宙に舞い上がる。
それが、何の違和感もなく描出されている。
これが、いわゆるマルケスの真骨頂「魔術的リアリズム」なんですね。

魂の昇天については、以前このブログで書いたことがあります。
頭上を渡っていった鳥たち…


文学でも、音楽でも、そしてブログ文でも、
受け手に鮮明な映像を抱かせることができれば大したものだと言えます。

いわゆる、映像喚起力の高い作品ですね。

中には、そういう映像を拒否した表現などということを言う人もいますが、
私自身は、映像がありありと浮かぶ、言葉や音に惹かれます。

人間の中には遺伝子というものがあって、その中には気が遠くなるほど太古から受け継がれてきた共通イメージというものがあり、そういう永遠不滅の映像を掻き立てる作品は、深くて強いんですね。

ブログやメルマガでも、できうるならば、日々消費される情報だけでなく、普遍的なテーマにも触れてゆきたいものです。

人気ブログランキング
↑↑↑↑↑
今回の記事が参考になったなぁ~という方は、
応援クリックしてくれると嬉しいです。

風花流儀

関連記事

コメント

風花さん、
こんばんは!
高校生アフィリエイターのキョンです^^

いつも暖かいコメントありがとう
ございます!

普遍的ですか~。
う~ん、難しいです^^;

応援します!
ぽち~

ブログアフィリエイトで稼ぐ高校生 キョン | 2009.03.09 23:57 | URL


風花さん こんにちは^^
元ちとせさんもいいですね。

私も日々、音楽に触れることで、たくさんの元気を頂いています。

楽器一つずつが奏でる音、ヴォーカリストが放つメッセージは偉大な力を
日々の生活に力をくれますね。

感性豊かに、音楽を楽しんでいきたいと思っています。

Life | 2009.03.09 20:51 | URL


まろっちです(^o^)/

いつも
ありがとうございます^^

私も、音楽がないと生活できないというぐらい音楽好きです!

どんな気分にも、その時々で
マッチする曲がありますよね。

応援ぽち

まろっち@アフィリで幸せ | 2009.03.09 19:49 | URL[ 編集 ]


こんにちは

風花未来さん

こんにちは
風花心伝実践者エンタメです。

元ちとせの曲はいいですね。
心に響きます。

音楽は時に人の心を癒し穏やかな
気持ちにもしてくれますね。

応援していきますね。

風花心伝実践者エンタメ | 2009.03.09 16:00 | URL


こん!遥斗パパです

今日はメインからきました

楽天アフィリの注意点
皆さん知らない方が多いみたいですね

風花さんの注意点文章がわかり
やすかったので、引用させて
もらいました

ご報告遅れてスミマセン

ではm(__)m

風花心伝で稼ぐ実践レビュー@遥斗パパ | 2009.03.09 14:02 | URL


こんにちは!

風花未来さん、こんにちは。

受け手に鮮明な映像を抱かせる文章、そういうものを書けたらいいですね。
でも、そんな希望を持っていさえすれば、きっといつかすばらしい文章を書けるようになるんでしょうね。

斎藤ショウ | 2009.03.09 10:33 | URL[ 編集 ]


風花未来さん、こんばんワ(^ ^

”千の夜と千の昼” はCMでも流れてましたね。
彼女がヒットを飛ばしたのも
消費音楽に疲れて
永遠普遍のものを人々が
求めるようになったからではないでしょうか?!

応援ポチッ☆!

マカロン | 2009.03.09 02:14 | URL


こんばんは。

私の愛読書は、実は「風花心伝」と「源氏物語」です。
何度、読んでも新しい発見があるからです。

世界最古の女流文学の源氏物語が、
今まで読みつがれているのには、理由があるんだと思います。
年に1度は読み返す名作です。

ときどきぷろぐらま。 | 2009.03.08 22:48 | URL[ 編集 ]












管理者にだけ表示