ホームテレビドラマ・映画・エンタメ ≫ 朝青龍は引退か、優勝か。

朝青龍は引退か、優勝か。

風花心伝について知りたい方は、この無料セミナーをご購読ください。
風花心伝メール無料セミナー

昨夜、友人と話していて、
マスコミが最近は朝青龍をイジメすぎると彼は嘆いていました。
どうやら、彼は、朝青龍を応援しはじめたらしい。

初日の取り組みを見ましたが、
稀勢の里は単なる朝青龍の引き立て役になってしまいましたね。

これで、朝青龍が白鵬を倒し、優勝しようものなら、
相撲協会は万々歳でしょうが…

風花乱舞「風花式アフィリエイト入門講座
★あなたの応援クリックが活力源★
    ↓↓↓↓↓
ブログアフィリエイトランキング


もう、相撲など見るのは、お年寄りくらいのものだろうというのが大方の見方です。

野球もサッカーも、年間の試合数が多すぎるのと、
ドラマ性が希薄になっているので、
なかなか感情移入がにしくくなっています。


というのは、私自身はスポーツが大好きで、
一時はサッカーライターを目指していたくらいなんです。

しかし、今のスポーツにそれほど、
人を熱狂させる力はないように思えてなりません。


私がスポーツで最後に熱狂したのは、
トリノ五輪の女子フィギュアの代表選考会をかねた、
全日本選手権です。

あの時の放送を見て、大泣きした人はかなり多かったらしい。

村主が優勝。代表は、村主章枝、荒川静香、安藤美姫の3人が選ばれました。

そして、トリノの本番では、荒川静香が奇蹟の金メダル…。


話を大相撲に戻しましょう。

昨日の朝青龍の取り組みは、異常な盛り上がりを見せました。

盛り上がりの内容は全く違いますが、
若貴時代以来の熱狂が戻ってきました。

で、このまま朝青龍が勝ち続け、
千秋楽で白鵬と全勝同士で対決となれば、
相撲人気は復活するのでは、という、気の早い意見も出ているみたい。


何が言いたいかというと、
勝負は土壇場までわかないし、
紙一重で決るということ。

昨日でも、あのまま朝青龍が寄り切られていたら、
そのまま引退にまで追い込まれたかもしれない。

しかし、左すくい投げ、右巻き替えという流れの中で、
相手の上手が切れ、
一気に朝青龍のペースに。

終わってみれば、朝青龍の大逆転勝ち。

これ以上のドラマは神でも演出できなかったでしょう。


何だか、見ている私も、体が熱くなるのを覚えました。

先場所の白鵬と安馬との決勝戦も凄かったし、
相撲が面白くなってきた気がします。

日本人が主役でないのは、
仕方がない気がしますね。

いつも一人旅で優勝を決めてきた朝青龍が、
窮地に立たされた場所で、賞杯を手にしたら、
まさに、値千金なわけですが…。

神は、今後、どんな筋書きを用意しているのでしょうか。


私たちも、自分の人生というシナリオを、
賢明かつ懸命に描き出してゆきたいものです。

風花心伝」の今日の順位は?

風花流儀

関連記事

コメント

40代の女性でも日給3万円稼ぐブログアフィリエイト初心者の講座

こんにちは
ムダ禁サブといいます。


昔(子供の頃)は相撲も見ていましたね!(千代の富士の時代)

おばあちゃんが北の海のファンでしたから、一緒に見ていました。

最近は「相撲今やってるんだー」

くらいにしか思わなくなってしまいました。

どうしたんでしょうねー!

この変わりようは!

相撲は大好きですよ!ほんと!

見ているときは白熱しますが・・。


また来ます。

応援もします。ポチッ!

ムダ禁サブ | 2009.01.13 06:04 | URL












管理者にだけ表示