ホーム偉人の名言から学ぶ ≫ 森山大道の言葉

森山大道の言葉

森山大道という写真家を知っていますか?



「私の未来予想図の描き方」を書いていたら、森山大道の言葉が思い浮かんだんです。

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい

上の言葉の意味、わかりますか?

森山大道はこんな写真を撮っています。
森山大道の写真

この写真を見て、ドキッとした方は、どれくらいいるかなぁ~。

かなり古い写真家ですが、今もなお20代の若者たちに圧倒的に支持されているらしい。

私は森山さんの犬の写真が好きで、1年のうち、数回は無性に見たくなるんです。

恵比寿にある写真美術館に行けば、犬の写真を拡大したポスターが買えるんだけど、数年前に行った時、なぜか買う決心がつかなくて…。

で、「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい」という言葉の意味だけど、あなた自身でいろいろ推理してみてください。

私なんかが解説するより、その方がずっと有意義だと思います。

少しだけ語ると、時間というものは過去⇒現在⇒未来というふうには流れていないんですね。

未来に想いを馳せる時、人は必ず過去を振り返ります。

自分自身の理想的な未来予想図を描こうと思えば、

当然のように、自分の幼少時代まで回帰しなければならない……。

まあ、これ以上は書かないことにします。

詳しくは「私の未来予想図」の方で語ってみたいんです。

序章で間に合わなければ、本編で書いてみたいと思います。

【送料無料】 過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真叢書 / 森山大道 【全集・双書】

風花流儀

関連記事

コメント

ご無沙汰しております

とても深い言葉ですね。読んでからしばらく考え込んでしまいました(汗)
読者の心に届ける豊かな文章表現、師匠のブログはいつも勉強になるし、私の心を豊かにしてくださいます。
私のブログに、リンクを貼らせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

応援しています☆

リトナ | 2008.12.22 09:57 | URL












管理者にだけ表示